【私がカナダを選んだワケ】カナダのバンクーバー留学/ワーホリがオススメな理由

【私がカナダを選んだワケ】カナダのバンクーバー留学/ワーホリがオススメな理由
Pocket

「海外留学に行きたい!」と決意してから考えなくてはならい一番重要なことは何でしょうか?

そう!それは「留学先をどこの国に決めるか!」

きっとこの記事にたどり着いた人は海外留学、ワーホリ先をどの国にしようか悩んでいる方もいるかと思います。

その気持ちめちゃくちゃ分かります!私も沢山悩みました、、、

私は色々検討した結果、「カナダのバンクーバー」に留学先を決め、約1年半、一度も移動することなく満足のいく留学生活を送ることができました。

そこで本日は、なぜ多くの留学生に「カナダのバンクーバー」が留学先に選ばれるのか?について深掘りして説明していきたいと思います。

実際にバンクーバーに1年半住んで生活した私のリアルな意見と体験談を交えながら「カナダが人気の理由と私がバンクーバーを選んだワケ」をお伝えします!

今日はそんな話しです。

↓↓こんな人に本記事を読んで欲しい↓↓

・カナダ留学が気になる人必見

・英語初心者、海外移住したい人必見


カナダのバンクーバーはとにかく住みやすい

「バンクーバーは世界一住みやすい国」にも選ばれたことのある国。

毎年バンクーバーは「世界で最も住みやすい国ランキング」の常連としてノミネートされています。

街自体がコンパクトで2010年冬季オリンピック開催都市に選ばれたこともあり、とてもインフラが綺麗に整備されており、バスや電車(Skytrain)の便も多く、車がなくても生活が可能です。

仕事も拘らなければ簡単に見つけることができます。

語学学校や留学エージェントも沢山あるので海外が初めてという人には特に住みやすいと思います。

↓↓↓コチラの記事もチェック

留学エージェントの選び方&こんなエージェントはヤメておこう!

世界各国から留学生が集まってきているので非常に多くの留学生がバンクーバーで生活をしています。

同じ境遇の留学生が沢山いることで、留学生活の中での悩みなど相談を共有することが出来るので、ホームシックにかかることもまずないでしょう。

また、アジア圏内からの留学生も非常に多いので英語が初心者の方や苦手な方も差別などを受けることも無いので安心です。

そして、アジア人が多いので日本食はもちろんのこと韓国料理や中華料理など日本人に馴染みのあるレストランも多いのでとても助かります。


英語の勉強に向いている国

留学やワーホリをする人のほとんどの人の目標が「英語を習得すること」だと思います。

その目標を叶える為の環境がカナダには整っています。

その一般的な理由としてのメリットが、「訛りのない北米英語を身に付けれること」

実際に日本の英語教材で使われているほとんどが北米英語。

訛りについて説明すると、英語は、世界約80の国や地域で話されている共通語ですが、それだけ多くの人が話している言語なので、その国や地域の訛りがあります。

感覚としては、同じ日本語でも住んでる地域で方言があったり訛りがありますよね?そんな感じです。

カナダもその80の国や地域のひとつですが、他国と比べるとあまり訛りがないといわれています。

世界の経済の中心国アメリカが隣にあるのも綺麗なネイティブな英語を話す理由にもあげられています。

そして、上記で説明した、英語に訛りがない、英語を学ぶのに最適な環境である理由にはある共通点があります。

理由は、カナダはもともとイギリスの植民地だったため、英語が母国語として用いられるようになったという歴史が影響しています。

そのカナダに移民した人が多かった、という歴史上の理由から、他民族国家になり、言葉の違う人々が、コミュニケーションを取り合う為に、分かりやすい英語を使う習慣が、自然に身に付いてきたのです。

結果、誰にでも伝わりやすい癖のない英語を話すようになった為、訛りがあまりないカナダ英語が作りあげられたのです。

このように紹介した背景から、コミュニケーションをとるために、「相手の話していることを理解しよう」、「伝えよう」という姿勢が人々のなかにあるので、つたない英語力でもそれを受け入れてもらえるのです。

そのことがメリットとなり、多くの日本人留学生が陥りやすい「英語を間違って喋ったらどうしよう、、、」などの不安を取り除いてくれるので、英語を向上できる環境が備わっているのです。

また、カナダには色々な国の人が生活していますので、それぞれの国の訛りが多少はあります。しかし逆に、それを聞き取るため能力も向上するのです。結果、色々な国の人の英語を聞き取ることが出来るようになるのです。

私も留学当初は英語なんてチンプンカンプンでしたが、留学終盤では初対面の外国人の英語を聞いて「この人はスパニッシュ訛りだから南米の人かな?」と予測が出来るまでにヒアリングが飛躍的にアップすることができました。

さらに、英語といえばアメリカのイメージがありますよね?

そんな憧れのアメリカに、カナダのトロントからニューヨークまで飛行機で1時間半、バンクーバーからロサンゼルスまで約2時間で短い時間と費用で行くことができます。

つまり、カナダに留学すれば気軽にアメリカ英語に触れることも出来るのです!


多国籍文化に触れることができる

上記にも記しましたが、移民する人が多い国として有名ということに加えて、カナダには色々な国の人達が留学だったり移住、旅行先として選ばれています。

そんな環境なのでカナダに滞在することによって、カナダの文化以外に他国の文化にもたくさん触れることができます。

例えば食文化、色々な国の人達が食文化をカナダに持ち込んだ為、色々な国の料理を楽しむことができます。

また語学学校に通えば、人種に偏ることがなく普段出会わないような国の人と友達になることができます。

私の通った語学学校では約60カ国の人達と知り合いになることができ、色んな国の文化や意見交換ができ、非常に興味深い経験と一生の親友を手に入れることが出来ました。

この多国籍文化に触れることで、英語以外の社会勉強ができ、とっても視野が広がり今までの日本での常識が、良い意味でぶっ壊され多様性が磨かれます。

将来性がある

次に海外、またはカナダに永住するために移民したいと思う人にオススメの国としての理由があります。

それは、「経済大国」と呼ばれるカナダには、多種多様の会社や大企業が集まっているので、あなたの将来につながる仕事のチャンスがあるかもしれないということです。

分野や業界にもよりますが、カナダには実に多くの大企業が社を構えています。芸術、スポーツも盛んな国なので、ワーホリ滞在中に興味がある会社を見に行って、肌で感じてみることもできます。

そして、あなたに興味がある分野や業界があれば、ワーホリのメリットを活かして、実際に履歴書を作成してその会社にアプライしてみることも可能です。

もし、気になる業界や会社で働けたとしたら、あなたの今後の人生において重要なターニングポイントになる可能性もありますし、一生語れる凄い経験になるかもしれませんよ。


バンクーバーの治安

バンクーバーの治安はとっても良いです!

1年半バンクーバーに留学をしていて危ない目に遭ったことは一度もありません。

私の個人的な感覚では、よっぽど日本の方が治安が悪いと感じました。

例えば、最近日本に帰国して夜の街を歩いてみるとイキリたおした若者が我が物顔で街中を歩き、睨みをきかせ肩でも当たるようなものなら、いつでも喧嘩売ってやるみたいな感じがとっても痛く感じました。笑

それに対して、カナダ人はオープンでとってもフレンドリーです。

差別を受けたことも全然ないです。私は今まで色々な国に行ったことがありますが、カナダはとっても日本人にとって生活しやすい国だなと肌で感じました。

カナダ在住の人と道ですれちがうと、普通に微笑んで挨拶をしてくれたり、店に入る時など、ドアを次の人が入ってくるまで開けて待ってくれるなんて当たり前です!

唯一のデメリット

良いことばっかり書いていると「本当かよ!?」って思われているかもしれませんので、私の感じたデメリットについてもお話ししたいと思います。

本当にしょうもないことかもしれませんが、私にとって唯一デメリットだなと感じたことはズバリ、、、

「天気」です!

バンクーバーはカナダ西海岸にある街。海がそばにあるから、一年を通して気温差が少ない。

夏はカラッとしていて過ごしやすく、冬も雪が積もることもたまにしかありません。

バンクーバーの寒さは東京とあまり変わらないといわれています。

このような理由で、寒さが苦手な私はカナダでも特に暖かいバンクーバーに留学先を選びました。

が、しかし問題だったのが「雨」でした。

バンクーバーは良く現地の人や留学生の間でスラングのように

「バンクーバー=レインクーバー」と揶揄された言い方をされます!(雨のrain+バンクーバー=レインクーバー

揶揄されるくらい、とにかく雨が降るのです、、、

年間どれくらの期間雨が降るのかというと、9月中旬〜3月頃までだいたい雨が降ります、、、

特にアジアのような南国が大好きな私にとってはとても太陽が恋しかったです。

しかし、バンクーバーの長い雨季を耐え抜いた後の夏のシーズンは最高です!

本当にバンクーバーの夏は抜群に快適です!湿気がなくカラッとしているので日本のように汗をダラダラかくということもありません。

しかも夏場は日が長く、夜の10時近くまで明るいです。この夏場にバンクーバーっ子は狂ったように遊びに出掛けます。笑


さいごに

いかがだったでしょうか?

これが多くの人にカナダ(バンクーバー)留学/ワーホリ先に選ばれる人気の理由です!

私も実際にバンクーバーで生活してみてとっても住みやすく、大好きな国になりました。

カナダのような移民が多い国は他にはありません。欧米、南米、アフリカ、アジア人とお互いが尊重し合って差別がないカナダは本当に暖かい国だと思います。

ぜひこの記事を読んで共感して貰えたらカナダのバンクーバーに留学を決意してみてはいかがでしょうか?

そして、この記事が少しでも皆さんの海外留学先の選択の力になれたら嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Life is short

↓↓↓コチラの記事もチェック

私が実際にカナダのバンクーバーでお世話になった留学エージェントについて詳しく記事にまとめています。バンクーバー留学ならオススメですよ〜!

留学エージェントの選び方&こんなエージェントはヤメておこう!