TESOL とは世界中に広く認知されている国際資格

TESOL とは世界中に広く認知されている国際資格
Pocket

どーも!Hirohitoです。

早速ですが、皆さんはこの「TESOL」という言葉を耳にした事がありますか?

おそらく日本ではあまり馴染みのない言葉だと思います。

しかし、タイトル通りなのですが実は海外ではとっても認知度が高い言葉なのです!

私が思うに、今後日本でも急速に知れ渡っていく言葉です。それはなぜかというと、「ここ数年で日本が急速にグローバル化」をしていくからです!

「グローバル化?何?」って感じですよね?

そう!それは、皆さんもうすぐそこまで来ています!

「2020年!東京オリンピック開催」

大量の外国人が日本に訪れます!

それに伴い、東京オリンピック開催の2020年に向けて、「日本の学校教育も大きく変わろうとしています」

知っていましたか?「2020年スタート、小学校から英語教育の義務化が決定しています!」

つまり、グローバルな人材が日本社会において必要になるからです。しかし、まだまだ日本国内に、英語を流暢に使いこなす日本人が足りません。

おそらく今後、優秀な人材が外国から日本に働きにやってくるでしょう。なぜなら日本の人口減少や少子高齢化など様々な問題が日本には山積みです。

これからは外国人の手助けが、必要になってくるでしょう。ということは、外国人と流暢にコミュニケーションを取れる人材が必要不可欠になってきますよね?

そんなグローバルな人材を育成したり、自分自身のスキルアップに役立つのが国際資格の一つでもある「TESOL」なのです!

私もこれからカナダのカレッジで「TESOL」という国際資格を死に物狂いで取得しにいきます!絶対大変だと思いますが。。。

今日はそんな話しをしていきます。

本記事内容

・国際資格の強み

・TESOLを持っていると世界で羽ばたくチャンスがある

TESOL とは?

そもそもTESOLとは何なのか説明していきます。

まずは「TESOL」の呼び方、テソルやティーソル、テソールなどの呼び方があります。

TESOLとは「Teaching English to Speakers of Other Languages」の略語です。

「母国語が英語でない国の人に対して、英語を英語で(教授法を用いて)教える事の出来る資格です」

要するに、英語を教える為の資格の一つです。

TESOLは世界中に広く認知されています。日本はもちろんのこと、世界で活躍出来るきっかけになる、可能性に満ちた国際資格なのです。英語講師を目指す人だけではなく、自分自身の英語力向上の為に取得する人もいます。

多くの英会話スクールで、講師の募集要項に「TESOL」などの英語教授法の資格保有を条件にしている所や、資格保有者の方を優先的に採用する傾向があるくらい魅力のある資格です。

つまり、この資格を持っている人は講師として、英語指導法のスキルが一定以上の水準に達しているアカシとしての証明証という事になります。

入学基準

英語を教える側の資格になりますのである程度の英語力は必要になります。

中級以上の英語力があれば入学する事が出来ると思います。

具体的な入学基準

TOEFL iBT 61点、TOEIC 650点、IELTS 5.5点

学校に入学する為には、この入学基準を証明出来る物(点数を証明出来る証書)を提出するか、学校の独自テストに合格するかの2つの方法になります。

日本人の皆さんはTOEICの点数が一番イメージしやすいと思います。学校のテストを合格する為にもTOEIC 650点相当の問題が出されると想定しておいて下さい。

インタビュー&スピーキングテスト

この試験は入学する際に必ずあります。

TOEICの点数を650点以上保有していても、インタビュー&スピーキングテストは必須です。

実際に私がこのテストを受けた時の質問内容を記しておきます。

・日本で今まで何をしていたか?

・何で「TESOL」プログラムを受講しようと思ったのか?

・あなたの国の英語教育について意見を聞かせて下さい?

何となく、聞かれそうな質問ですよね?

後は、世間話しも沢山しました。私が思うに、この世間話しも試験内容に入っている気がしました。

何故なら、英語を指導する立場になるので、ある程度のコミュニケーション能力が必要不可欠だからです!

でも、緊張しなくて大丈夫です。日本の面接みたいにガッチガチにマウンティングは取ってきませんので。。。かしこまらずリラックスして臨みましょう。海外なので先生ともフランクな感じでインタビューが進んでいきますので安心下さい!

大切なのは、誠意を持って「なぜTESOLのプログラムを受講したいのか」を熱く語ればきっとあなたの熱意が先生方に届くはずです!

私はこのインタビュー&スピーキングテストで熱く語り倒しました。おそらく、合格した決め手はこの面接だったんではないかと思われます。

何故なら、テストの結果があまり良くなかったので。。。笑

皆さんもこのスピーキングテストで一発逆転もあると思って頑張って下さい!

さぁ次に、TESOL の中身について詳しく説明します!

TESOLサーティフィケート 英語教師養成プログラム

英語教師の全ての「核」となる知識とスキルの取得!

TESOLは理論と実践のバランスを重視したカリキュラムの中で、英語教育の基礎となる知識、スキル学習、教育実践を行う。

プログラムでは語学の基本である4技能「書く、読む、聞く、話す」を教えることを中心に、語集力、文法、発音などの教授法の学習をする。

また、英語教育の実践に必要となる多様なアイデアの習得、多くの模擬レッスンを通じて、学習した内容を実践する機会が設けられている。その為、多くのエクササイズや課題により、プログラム修了後には自信を持って生徒の前に立つことが出来る様にプログラムが組まれている。

【プログラム学習内容】

・教育理論の学習

・レッスンプランの作成と実践

・クラスマネジメント

TESOL サーティフィケート受講期間 4週間

全ての「TESOL」関連プログラムの核となるので、他のプログラムを受講する時にはまずこの「TESOLのサーティフィケート」受講が必須になります。

TESOL for Children 児童向け英語教師養成プログラム

理論から実践へ、児童英語教育に必要なスキルの養成。

TESOL for Children4歳〜12歳の子供を対象に児童英語教育で使われている教育理論とテクニック、授業で即実践ができる知識とスキル習得のノウハウを学びます。

カリキュラムでは子供の発育や年齢に合わせた英語教授方法、色々な英語アクティビティ実践方法、フォニックスの教え方、子供との英語でのコミュニケーション方法、しつけ、安全なクラス環境の作り方など必要なスキル全般を学習する。

【プログラム学習内容】

・子供の特徴

・レッスンプランの実践

・アクティビティの実地

・クラスマネジメント

TESOL for Children の受講期間 4週間

おそらく今後日本社会でも、この年代から英語指導が主流になってきます。日本人に限らず、この年代の「TESOL for Children」 プログラムが現在は世界各国で一番人気とのこと。

TESOL for Middle 中高生向け英語教師養成プログラム

多くの英語学習スタートは中学生、高校生です。

プログラムでは、この年代になると想像性も豊かな為、英語ではないコンテンツを使いながら(他の授業で培った知識を使う)どのように英語を教えるか学ぶ。

また、グループワークやプロジェクトの進め方など、中高生の英語講師に必要となる多くの知識やスキルを学習していく。

そしてオリジナリティを持ちながらも、それぞれの教育方針、敏感な年頃の学生に対応することのできる英語教師を目指す。

【プログラム学習内容】

・ジュニアへの教授法

・レッスンプランの作成と実践

・クラスマネジメント

TESOL for Middle 受講期間 4週間

TESOL for Adults 大人向け英語教師養成プログラム

最も標準的な英語教師スキルが身に付くプログラム。英語教師としての幅広い知識やスキルを習得できるために、英会話学校の教師、企業での英語教師、あらゆる分野での一般的な教師を目指している人に最適なプログラム。

理論と実践のバランスを重視したカリキュラムの中で、大人への英語教育の基本、実践することの出来るスキル学習をする。

自ら作成した大人向けのレッスンプランで模擬授業を実施し、学習授業が行われるため、クラス内でのコミュニケーション方法やその能力も向上させることも出来る。

【プログラム学習内容】

・教育理論学習

・レッスンプランの作成と実践

・クラスマネジメント

TESOL for Adults 受講期間 4週間

個人的には一番勉強したいプログラム。私の様な英語力0の人に一から分かり易く英語の素晴らしさや、英語には可能性があるって事を伝えたい。

TESOL Practicum TESOL 教育実習

基礎知識、実践知識にプラスをし、実際の教育現場での様々な体験や経験、教育の実践を行う事で英語講師としての更なるスキルアップをすることが目的。

教育実習ではメインの講師のアシスタント、アクティビティ、グループワークでのリードや指導、補助教材の作成、レッスン時のヘルプ、もちろん自らレッスンの実施。また、実際の教育現場では様々なイレギュラーなことが多々発生します。教室内で起こる色々なことに対する対応方法なども実際に体験することが出来る。

【習得できるスキル】

・英語教育の実践力

・生徒との接し方やコミュニケーション方法

・レッスンプランの実践、分析

TESOL Practicum 受講期間 4週間

TESOL を取得するメリット

・英語講師になれる

・英語講師としてのスキルアップや更なるキャリアアップ

・「読む、書く、聞く、話す」の教授法を幅広く学んで自身の英語力を向上させる

メリットは沢山ありますが、私が考える大きなメリットは2つあります。

一つ目が、今後日本はもっともっと、グローバル社会になって行きます。そこで英語講師が必要になります。そして近い将来英語の授業は全て英語で行われるとも言われています。

そんな中で就職するのに有利になるのが「TESOL」の資格になります。

二つ目が、少し私の個人的意見になってしまいますが、永遠に仕事に困らなくなるということです。

理由としては、日本のみならず世界各国で広く認められている国際資格なのでどこの国でも英語講師として仕事をすることができるからです。

私のように海外旅行が趣味で色々な国に行ってみたい人には最高の資格だと思います!

さいごに

いかがでしたでしょうか?少しは興味を持って頂けたら嬉しいです。

海外に興味がある人は知っていて損はない国際資格です。

日本でも2020年東京オリンピックを控えている現在、近い将来日本でも良く聞くことになる資格の一つだと思います。

印象的に残っている言葉があります。

カナダで出会ったTESOLを保有している外国人英語教師がこんなことを言っていました。

「この国際資格を持っているから色々な国に行って仕事が出来るから幸せ!」

「気に入った国に行って世界各国どこでも仕事が出来るこの仕事は最高!」

私が思うに、世界中の人に「英語の素晴らしさを伝えて、尚且つ世界中を旅するように仕事が出来るこの資格は最強」です!

これから私もこの「TESOL」の全てのプログラムを受講する予定です!

噂に聞くとプレゼンテーションやら模擬授業やらで、とにかく課題が多くて大変との事ですがやってやろうと思っています!

今後、「受講内容やどのような感想を抱いたか」なども記事にしていきたいと思っています。

皆さんの参考になれたら嬉しいです!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

Life is short

↓↓↓コチラの記事もチェック

海外留学を一年経過したら気持ちに変化が起きる!