バンクーバーでのシェアハウス探しのポイントと真実!

バンクーバーでのシェアハウス探しのポイントと真実!
Pocket

私は現在カナダのバンクーバーに住んでいます。ホームステイを4ヶ月間経験して、現在はシェアハウスに住んでいます。一つ屋根の下で外国人とシェアハウス生活を送っています!

そこで本日は海外留学などを検討している人は「シェアハウスって実際どうなの?ホームステイの方が無難?」なんて考えている人が沢山いるかと思います。私も留学前にすごく色々悩みました。

そんな悩んでいる方の助けになればということで本日は実際に海外でシェアハウスとホームステイを経験した私が「シェアハウス探しのポイントと実際に住んでみての真実」をお伝えしたいと思います。

シェアハウスのメリット、デメリットが見えてきました。今日はそんな話しです!

本記事内容

・ぶっちゃけシェアハウスってどうなの?

・シェアハウスの選び方のポイント

  はじめに

海外生活においてとても重要な住む拠点シェアハウス。海外生活を夢見ている人は「ホームステイとシェアハウスはどっちがいいの?」とインターネットを駆使し、検索しまくっているかと思います。なぜなら、住む場所によってこれからの海外生活が左右されると言っても過言ではないですもんね。

私はちなみに留学前当初は、「絶対にシェアハウスに住みたい」と考えていました。だって日本で放映されている「テラスハウスみたいな生活なんでしょ?」という淡い期待もありました。笑

だから日本ではなかなか経験出来ない、「家をシェアして外国人と住んでみたい!」と考えていました。

シェアハウスと聞くと、やはり日本人はテラスハウスのようなイメージがありますよね?そもそも「シェアハウス」って何なの?そんな方もいるかと思いますのでそこから説明していきます。

シェアハウスとは

シェアハウスの大体の場合が、管理人、管理会社がいて一つの家を(一軒家だったりコンドミニアム、マンション)共有して住むこと。年齢国籍関係なく色々なバックグラウンドを持った人達と協力をし、生活を共にしていく、日本ではなかなか経験することができない暮らしが出来ます。

共同スペースがあるので一人暮らしをするよりも、初期費用が安くなるメリットがあります例えば、共有スペースとはキッチン、トイレ、シャワー室。家によってはコンドミニアムにトレーニングルーム、プール、ジャグジーが付いていたり大きなパーティールームなんかも併設されている所もあります。これを一人で住むとなるとかなりの家賃を払わなければなりませんよね?それがシェアすることによって安く利用することが出来るのです。

私が現在住んでいるカナダはシェアハウスが一般的です。若い方からお年寄りの方まで様々人がシェア生活を送っています。ズバリ理由は、上記にも書きましたが家賃を安く抑えることが出来る!条件の良い家でもシェアすることによってとても安い金額で上流階級の生活ができます。

ちなみにこの上の写真はバンクーバーのダウンタウンど真ん中の高層ビルの40階の一室の写真です。この景色で確か日本円で一ヶ月の家賃が65,000円くらいだったと思います。日本だったらありえませんよね?

ただ、良いことばっかりではありませんよね…次に体験談を含め説明していきます。

シェアハウス 私の体験談

私はシェアハウス生活を長くしています。私の家はバンクーバーのダウンタウンという街中にあり、とても便利で凄く快適に生活をしています。しかし今の生活を手に入れるのにかなり労力を使いました。自分の納得する家を見つけるのってなかなか大変です!

なぜ大変かというとバンクーバーにはシェアハウスがありすぎて決め所がどこなのか迷ってしまうという点です。「ここにしようかなー?」と検討していると次から次へと新しい物件が次々に出てくるのです。幸せなようで本当にキリがないです。

私はシェアハウスで英語ペラペラな外国人と二人で生活をしています。お互いの共通言語は英語なので私の拙い英語でも何とか会話をしてくれて、楽しく暮らしています。せっかく海外にいるのですから私は外国人と一緒に住んでみたかったのでそれが実現し、毎日刺激のある生活を送っています。

私がなぜ今現在住んでいる家に決めたのかを詳しく説明していきたいと思います。漠然とシェアハウスを探すと本当にキリがありませんのである程度自分で条件を決めておいた方が絶対に良いです!

私の条件は

・外国人と少人数でシェア

・ルームメイトとノリが合うこと

・ダウンタウン中心街

ハウスルール特になし

・ジム付き物件

私はこの条件で探しましたが、なかなか全部が揃う物件が見つかりませんでした。そして、10件以上私は家を内見しにいきました。

ここで大事なポイントは必ず家主と会って部屋を見に行って下さい!めんどくさいですが今後自分が住む家なのですから頑張りましょう。部屋を見に行ったことで気付く事が沢山あります。

例えば、今後一緒に住む人がどんな人か、何人で住んでいるのか、雰囲気、立地などなど沢山感じ取る事が出来ます。この時に何でもオーナーの人や現在住んでいる人に質問しまっくって下さい。「後からそんな事聞いてない〜」なんてことは後の祭りですからね…

特に私が重要視したのが「ハウスルール」の有無です!

せっかく住むならみなさん自由がいいですよね?これが意外とどこの家もルールがあるんですよ。ある程度のルールは必要かと思いますが、そんなの気にして生活するのは私には耐えられませんでした。

そこで私が家探しで感じた事があります。

それは、私は二つのインターネットサイトで家を探していました。日本人オーナーの人が多い日本人がよく使う検索サイト。もう一つが現地のカナダ人達が家探しで使うサイト。まずは日本人サイトはルームメイトが基本的に日本人が多いです。それか韓国人。それと一番感じたのが、とにかくハウスルールが細かいです。日本人の良い所かと思いますがルールがありすぎて私には息苦しく感じました

例えば何時以降はシャワーを使うなとか、部屋に友達を連れてきたり、人を泊めたら追加料金払えなどなど…。しかしこのサイトの良い所もあります。それは英語を使わなくても日本語で契約を進めていく事が出来、細かい事も日本語で聞く事が出来ます。

次にカナダの現地サイトですが、もちろん全て英語で表記されています。私はこのサイトに絞って家を探していきました。なぜかというと、せっかく海外に来ているのですから英語表記でもチャレンジしなきゃですよね。もちろん最初は何のことかさっぱりでした。でも積極的に連絡をして内見をし、オーナーと話しをしてみたりと楽しみながら家を探していく事が出来ました。

一番気に入った所は、日本人ハウスと違ってほとんどハウスルールがないところが気に入りました。「さすが外国人だなって思いました」だいたいの家が私が次のように質問をすると「ハウスルールってあるの?例えば友達連れて来たりとか?」と言うと「ルール?特に無いよ。なぜなら、あなたの家だし私はあなたをリスペクトするからさ!」この言葉で私は即決しましたね。

今私が住んでいる家はお互い友達を連れて来て一緒にパーティーしたりと交友関係も広がり充実しています。

二人でいる時は一緒にサッカーの試合のテレビを見たりジムに行ったり、たまに食事を作って分けてくれたりなど毎日が英語環境で刺激的す。

ルームメイトが日本人だったらあんまり日本にいる時と環境変わりませんよね?もちろん日本人ということで信用、信頼度があると思うので気を使わなくて良いとかはあるとは思いますけど。どっちを取るかはあなた次第です!

次にシェアハウスのメリット、デメリットについて説明します。ホームステイと比べてみて下さい。

シェアハウス メリット

・とにかく自由

・生活費を節約できる

・外国人とシェアして常に英語環境

・色々な国籍の友達を作りやすい

・賑やかで寂しくない

シェアハウス デメリット

・プライベートがあいまいである

・家がうるさい

・家が汚い、清潔で無い場合がある

・ご飯、洗濯、掃除、全て自分でしなければならない

・アタリ、ハズレがある

最後のアタリ、ハズレがあるというのは「ホームステイ編」でも記事しているのですが、自分と合わない人とシェアをする可能性もあるということです。ですから必ず家を契約する前に内見をし、ついでにルームメイトの情報を得ましょう。本当に細かい人も居ます!全然フレンドリーじゃない人だって居ます。自分の目でしっかり見極めて下さい

さいごに

いかがだったでしょうか?これがシェアハウスの探し方のコツからリアルな私の体験しているシェアハウスの実態です。

シェアハウスは色々な形態があります。もちろん部屋の種類も沢山ありますし、金額もそれによって変わってきます。そこらへんは今回の記事では割愛しましたので他の方のサイトなどを参考にしてみて下さい。

私は妥協せず納得がいくまで自分の理想とする条件を追い求めて家を探し、見つけることが出来ました。そのおかげで、とても充実したバンクーバーライフを送れています。

ホームステイと比較するとそれぞれ良い所、悪い所もありますが、私はシェアハウスの方が自由度が断然あると思いますので「シェアハウスの方がオススメだと思います!」

せっかく海外に住むのですから外国人とシェアして一生の親友(家族、兄弟)を見つけてみてはいかがでしょうか

もし住んでみて気が合わなければ、また家を変更するだけの話しなので気楽にいきましょう。

アタリもあればハズレもあります。

少しでもみなさんの家探しの参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

Life is short

↓↓↓コチラの記事もチェック

バンクーバーのホームステイの真実と探し方!