セブ島留学生の一日の学校スケジュール!

セブ島留学生の一日の学校スケジュール!
Pocket

ここ最近、海外に語学留学される芸能人やら私の周りの友人など沢山いて海外留学をしている自分としては嬉しい限りです。

海外留学先の候補として前々から人気な国がオーストラリア、カナダ、もちろんアメリカなどですが、実はここ最近何年か前から凄く人気の海外留学先になっている国が「フィリピン留学」なのです!

海外留学検索ランキングで現在、圧倒的な差でオーストラリア、カナダを抜いてトップを独走しているとのことです。これはみなさんがフィリピン留学に興味が非常にある証拠だと思います。

そこで、私自身もフィリピンのセブ島に3ヶ月ほど語学留学をしていました。私の実体験「フィリピン留学生の一日のスケジュール」について本日は記事にしたいと思います。

本記事の内容

・フィリピン留学をした際のあなたの留学生活のイメージが出来る

・セブ島留学超スパルタ学校の一日(あくまでも参考までに)

スパルタ学校の一日

フィリピン全土には数え切れないほどの学校が存在します。学校のスタイルも様々で、ゆる〜くリゾート感も楽しんで勉強をするようなリゾート留学みたいな学校から朝から晩まで勉強漬けの超スパルタ校があります。

私はフィリピンの中でも超スパルタの学校に通っていました。なぜならそれくらい縛り付けもらわないと私は勉強が出来ないからです!笑 他の私の記事で学校選びなどの記事も載せておりますので詳しく知りたい方は参考にしてみ下さい。

今から説明するフィリピン留学生の一日は、私が実際に体験したスパルタ校での一日になるので少し偏りがあるかと思いますがご了承下さい。

では本題に入ります!

フィリピン留学生の朝の生活

まずは朝の1限目の授業が8時からになります。

しかし、私の学校の生徒は朝5時起床からスタートです。笑 早すぎますよね?さすがスパルタ校!「朝の5時から何をするんだよ?」と思っている方もいるかもしれませんが、何をするかといいますと自習をします。朝の2時間ほど自習室で勉強したり、ボイストレーニングルームに行って発音を練習する人など各個人の課題をそれぞれ改善します。

朝の7時から朝食の時間です。ご飯は3食しっかり平日と土曜日は出ます。ご飯を食べたらみんな一旦自分の部屋に戻り1限目の準備をします。ちなみに私の学校はコンドミニアムのワンフロア全体が学校になっていてそのコンドミアムの中に学校の寮がありますので通学時間はもちろんゼロです。

1限目スタート10分前くらいにみんな部屋からぞろぞろ階段を降りて来てそれぞれの授業の部屋に入っていきます。

50分授業が1コマでこれを午前中4コマ授業を行います。私のような英語初心者は全部4コマ授業ではなく、週によってバラバラなのですが文法、リーディングを鍛える教材をこなす自習が入ってきます。要は、「まずはインプットするために文法を習得してからアウトプットのマンツーマン授業をした方が効率がいい」からです。この仕組みが非常に良かったです。

話しが少しそれましたが次は昼以降のスケジュールを説明します。

フィリピン留学生の昼の生活

12時からランチタイムになります。昼ご飯を食べる時は学校の先生も一緒に昼ご飯を食べます。もちろん学校内にある食堂で食べます。ご飯を食べながら英語で会話をしますので休憩なようで授業の延長のような感じでした。しかし、先生達は非常に陽気なので話していてめちゃくちゃ面白かったです。

13時から昼の授業がスタートです。授業が終わるのが夕方の17時です。午前中と同じで50分刻みでマンツーマン授業があります。しかし私のような初心者の人は最後の授業が強制的に文法のテストが平日毎日あります。これに合格していかないと一生レベルが上がりません。

しかもその日もし、赤点を取ってしまったら17時から強制的に1時間赤点自習をさせられます。ちなみに3回連続で赤点だと週末外出禁止です。笑 だからみんな結構ピリピリした雰囲気でテストを受けますのでこれも凄く力がつきました。

平日は5時から23時の間は外出が許されます。平日は外出したとしても、コンビニに行って夜勉強する為の夜食を買ったりするくらいでほとんどの生徒は外出しません。なぜならたっぷりと宿題と次の日の予習もしなくてはならないからです。

私はどうしても体を動かしたい人間なので17時から1時間だけ2日に一回だけ学校前にあったトレーニングジムに通っていました。だから毎日16時からある文法のテストは必死でした。赤点を取ったら出れませんので!!

フィリピン留学生の夜の生活

18時から夕食の時間です。ちなみに朝昼晩の食事時の1時間だけが唯一私語が許される時間でした。他の時間は学校内で私語禁止です。笑 もちろん先生が休憩している大部屋だけは英語での私語は可能でした。かなり徹底されていた学校でした。

夜ご飯が終わったらそれぞれやっと自由時間なのですがだいたいはお風呂に入ってすぐに皆んな自習に入ります。夜中の23時までは自習室などが開放されいますので各々勉強をしています。しかしみんな次の日が朝早いので遅くても10時くらいには寝ていました。

私は夜型だったのでいつも23時ギリギリまで自習室で勉強していました。そして24時くらいに就寝していました。

これで一日がやっと終わりです。「いったい何時間勉強しているの?」って感じですよね?笑

学校側からの支持は「一日に13時間は勉強して下さい!」とカリキュラムに書いてあります。こんな勉強したのは人生で初めての経験でした。

金、土、日曜の生活

金、土、日曜は少し変則的な日程になります。

まず金曜日は毎週卒業式がありまして、全生徒強制参加です。卒業式に何があるかというと、卒業生が全校生徒の前で一人づつ卒業スピーチをします。卒業生はもちろんのこと在校生も一生懸命聞きますのでリスニング力の向上に繋がります。そして卒業生が良いことをスピーチするんですよね!めちゃくちゃ勉強になりました。

さて次に土日なのですが基本的には土日は休日です。しかし、レベル初級者組は土曜日の午前中朝8時から強制義務自習が毎週ありました。もちろん私もエントリーしていました。

週末はしっかり私はリフレッシュしていました。フィリピンには沢山の島とビーチがあります。私はほぼ毎週、ショートトリップに出かけていました。このルーティーンが私には最適でした。

ちなみに週末に外泊したい場合は事前に外泊届を出して受理して貰えれば外泊も出来ました。

勉強をするには最適な環境

掃除洗濯は週に3回学校側がやってくれます。要は、「勉強だけに集中していいよ!」っていう環境です。

私が通った学校は超スパルタ校だったのでかなり厳しい環境でした。しかし私のように初心者だったり本気で英語を身に付けたい人には最適な環境だと思います。フィリピンには語学学校が沢山あって、学校によってスケジュールはそれぞれ違うと思います。この記事は少し偏りがあるかもしれませんが参考にしてみて下さい!

少しでもみなさんの参考になったら幸いです!

Life is short

↓↓↓コチラの記事もチェック

フィリピン留学のスパルタ校がおすすめの理由