英語の「お父さん / お母さん」は「father / mother」を実際は使わない!?

英語の「お父さん / お母さん」は「father / mother」を実際は使わない!?
Pocket

私達日本の英語教育の中で、英語の先生に教えてもらった「お父さん、お母さん」の英語表現は何ですか?

そう!みなさんきっと口を揃えて「father, mother」と言います。

もちろんこの表現方法は間違いではないのですが、実際の海外生活の中ではほぼ使いません。

日本人からしたらこの新事実はビックリですよね!!

当たり前のように学校の先生から英語を習って長い間「お父さん、お母さんは father, mother ね!」と擦り込まれてきたのですから、、、

でもよく考えてみて下さい。日本でも小さい頃、自分の親を「パパ・ママ」と呼んでいても、成長し大人になると人前では「父・母」「父さん・母さん」「親父・お袋」と呼び方を変えるのが日本では普通のことですよね。

英語でも日本と同じように年齢やその場のシチュエーションに合わせて呼び方が変化します。本日は、実際海外で一般的に使われている年齢や状況に合わせて使い分けをする英語の「父親・母親」の呼び方をまとめています。

Father / Mother を使わない理由

まずは結論からご説明します。なぜ海外の人達は「Father / Mother」を使わないのか?

それは、Father / Mother は両親を呼ぶ言い方の中で最上級のフォーマルな言い方だからです。

・Father / Mother

→「お父様 / お母様」

日本語の「お父様 / お母様」的な呼び方です。

このような呼び方は日本では使う機会はほとんどないですよね。それと同じで海外でもこの表現を使うことがあまりないので Father / Mother は実際は使わないってことです!

もし使うのであれば、かなり丁寧な呼び方になりますので、職場の人や目上の人に自分の両親の話をするときに、「My father / mother」を使うといいでしょう。

海外でもっとも一般的に使われている「お父さん、お母さん」の呼び方

・Dad / Mom

→「お父さん / お母さん」

日本語で一般的によく使われている「お父さん、お母さん」的な表現が Dad / Mom です。

私は海外に住み始めた当初、この聞きなれない英語を聞いて辞書を引いて調べたくらい最初は意味が分からなかったです。笑

海外に来て周りのみんなが当たり前のように Dad / Mom と呼ぶのでビックリしました。「Father / Mother じゃないの!?」って、、、

私以外にもおそらく日本では、意外と「Dad」や「Mom」という言葉は、知られていないのかもしれません。

幼少期の両親の呼び方

・Dada / Ma(m)ma

→「パパ / ママ」

この表現は言葉を喋り始めた赤ちゃんに限ります。

日本人の赤ちゃんと一緒で最初は限られた音しか発音できませんのでいきなり「お父さん、お母さん」とは言わず「パパ、ママ」と呼びますよね。それと一緒です。

しかし、英語ネイティブの赤ちゃんは早い段階で「Dada / Ma(m)ma」を卒業します。

・Daddy / Mommy

→「パパ / ママ」

「Dada」や「Mama」は、話し始めてすぐの頃しか使わず、たいてい早い段階で「Daddy」や「Mommy」に移行していくとのことです。

海外では日本で子供が良く使う、「パパ / ママ」はあまり使いません。多くの子供達は「Daddy / Mommy」です

そこから、成長するにつれ、「Dad / Mom」に変わっていきます。

ちなみに男性が大人になってから「Mommy」を使うとかなり違和感があります。

日本でも同じように成人男性が「ママ」と呼んでいたらちょっと引いてしまいますよね?それと同じ感覚です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

普段の会話の中で「Father」「Mother」を使っていた方は多いのではないでしょうか?

もう一度言います。

普段の会話では「Father」「Mother」という言葉はほとんど聞かないんです!

かなり改まった呼び方に聞こえますので、普段使う呼び方は「Dad / Mom」を使ってみて下さい!

Life is short

↓↓↓コチラの記事もチェック

令和に英語を勉強したらマジで人生変わるよ!