カナダのバンクーバーと日本の時差は!?~Van City Lover~

カナダのバンクーバーと日本の時差は!?~Van City Lover~
Pocket

日本とカナダのバンクーバーの時差は半日以上も違うって知っていましたか?

近場のアジアであれば時差があっても数時間。そんなに時差を気にすることもなく気軽に旅行に行けたりしますよね!

バンクーバーのように半日以上も時差があると「時差ボケ」とやら奴も気になります、、、

しかもカナダは非常に国土が広い為、日本のようにどの都道府県に住んでいても時刻が一緒ということがなく、カナダは都市によってそれぞれ時間の進み方が全然違うのです。

さらには、海外でたまに耳にする「サマータイム」というややこしいシステムもカナダのバンクーバーにはあります。

そこで本日は、カナダのバンクーバーに旅行や海外留学に行った際に困らないように、私の体験談と共に時差ボケの対策方法や簡単に日本とバンクーバーの時差の計算方法、そしてサマータイム制度まで詳しく解説します!

↓↓本記事内容↓↓

・日本とバンクーバーの簡単な時差の計算方法

・サマータイム制度について

・時差ボケ対策

バンクーバーと日本の時差は?

まずは、実際どれくらい日本とバンクーバーの時差があるかというと、、、

日本とカナダ バンクーバーの時差は17時間!半日以上も違います!

日本時間のほうが早く進んでおり、日本が昼12時のときバンクーバーは前日の夜19時です。

ちなみに3月~11月までバンクーバーはサマータイムになり、時間を1時間進めるので差が縮まり、日本との時差は16時間になります。

日本からカナダに移動する際は、太平洋にある日付変更線を越えての移動となるので、日本からバンクーバーへ渡る時に日付が1日戻る計算になります。

日本からバンクーバーへ渡航する時、飛行機のフライトの時間は直行便で約10時間くらいです。つまりバンクーバーに到着したとき、7時間だけ時間が巻き戻ったような感覚になります。

サマータイム制度とは?

サマータイムという言葉は何となく聞いたことがありますよね?

説明します。上述でも記しましたが、日本とカナダの時差は基本的には17時間。しかしその時差は固定ではありません。カナダでは、サマータイム制度が実施されている州があります。日本ではサマータイム制度がない為、日本人の皆さんはサマータイムについて詳しく知らない方が多いのではないでしょうか。

サマータイムとは、字のごとく夏の間、時間を1時間進める制度です。

夏は日の出時刻が早くなるため、日照時間が長くなるのでそれを効果的に活用するという狙いがあります。カナダでは、ほとんどの州でサマータイムを実施しています。もちろんブリティッシュ・コロンビア州に属するバンクーバーもサマータイムを取り入れています。

つまり日本とバンクーバーの時差は通常では17時間ですが、バンクーバーでのサマータイムの時期には16時間になります。

日本では夏時間やサマータイムと呼ばれていますが、カナダではサマータイムと言っても伝わりません!

英語だと「 Daylight Saving Time 」と言います。デイライト・セイビング・タイムです。

サマータイムの時期はいつからいつまで?

毎年3月の第2日曜日の午前2時から「夏時間の始まり」

午前1時59分→ 2時では、なく、1時間進めて3時になります。

毎年11月の第1日曜日の午前2時に「夏時間の終わり」

午前1時59分→ 2時では、なく、1時間戻して1時になります。

このサマータイムの時期を把握しておかないと、学校や仕事など予定がくるって大変なことになりますので前日の日までに時計の針を調整しておくことをおすすめします。

日本とバンクーバーの時差の簡単計算方法

日本とバンクーバーの時差は半日以上の17時間もあるので頭で計算する際にちょっとややこしいですよね?

そこで簡単に時差を計算する方法を次にお伝えします。

まずはじめに、午前、午後のある12時間制ではなく、24時間制で考えて下さい。
バンクーバーの時刻から日本の時刻を知りたいときは、バンクーバーの時刻から7を引きます。
サマータイム期間中なら、8を引きます。

例題:バンクーバーが15時なら、15から7を引いて=日本は8時

7を引いたときにマイナスになったら、その分を24から引けばオッケーです。

例題:バンクーバーが5時なら、7を引いて=マイナス2、つまり24から2を引いて=日本は22時

バンクーバーの時刻より、日本の時刻が早い場合は、日本はカナダの日付の翌日。遅ければ、同じ日付ということになります。

ちなみに日本時間からバンクーバー時間を計算する際は、この逆で、7を足せばオッケーです。そして日付は、1日遅くなりますね。

日本、バンクーバー時差早見表

サマータイムなし(時差17時間)

カナダ 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
日本 17 18 19 20 21 22 23 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16

サマータイムあり(時差16時間)

カナダ 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
日本 16 17 18 19 20 21 22 23 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15


時差ボケ対策方法

日本とバンクーバーとの時差は半日以上の17時間もあります。アジア旅行のように数時間であれば特に体調を気にすることなく現地の生活に馴染めると思いますが、さすがに17時間も時差があると体調を崩す人が多いです。

このことを一般的に時差ボケといいます。

時差ボケとは、寝つきや目覚めが悪い、食欲がわかない、体がだるく感じる、という症状が発生することがあります。しかしこのような症状は、時差ボケ対策をすることで予防できるかもしれません。

ちなみに時差ボケとは英語で=Jet lag (ジェット・ラグ) といいます!

出発前の対策

長時間の時差が発生する旅先に出かける場合、旅行前から少しずつ生活時間帯を現地に近づけると効果的と言われています。

日本から見て東へ旅行する場合は、普段よりも早寝早起きをし、西に旅行する場合には、普段よりも少し遅く寝て、遅く起きるようにします。

つまりカナダに渡航する際には、旅行の数日前から普段よりも1時間早く寝て、1時間早く起きる。こうしたちょっとした工夫でも時差ボケの症状は軽減できるでしょう。

出発後の飛行機内の対策

飛行機に乗ったら、まずは時計をバンクーバーの現地時刻にあわせて下さい。バンクーバーの生活リズムにあわせた睡眠のタイミングを把握することができます。また、アルコール、カフェイン、スマホやパソコンの光は、フライト中の睡眠の妨げになる可能性があるので控えましょう。お酒はほどほどに。

現地到着後の対策

現地に到着後は、現地時間に合わせて行動するのが鉄則。バンクーバーに朝到着して、眠いからといってすぐにベッドに入って寝てしまうとさらに体内時計を混乱させることになります。

日中現地に到着した場合、多少の眠気は我慢して外を歩くなどして現地時間に身体を慣れさせましょう。ここでポイントなのが、沢山の日差しを浴びるようにしましょう!

日差しを浴びることで体内が現地の環境に適応しようと働いてくれて、適度な疲労感を与えてくれるはずです。

さいごに

日本とバンクーバーは17時間時差があります。

日本にいる家族や友人、大切な彼氏、彼女と連絡を取ることが絶対あると思います。半日以上も時差があるので連絡する時間やタイミングにも気をつけたいものですよね。

そんな時にすぐに時差を計算できたら助かるはずです。

またバンクーバー旅行やバンクーバー留学の際は時差ボケにならないようにこの記事を読んで参考にして頂けたら嬉しいです。

iPhoneユーザーの方は時計アプリの中に世界時計(World Clock)という機能があるので、自分自身、家族、パートナーの方に設定してあげるとそれぞれの現地時間の把握がしやすくなると思いますよ!

Life is short

↓↓↓コチラの記事もチェック

日本のパスポートは「世界最強」知ってる?